NHKの家族割引で放送受信料を半額にする

お得情報

年間約1万5000円ほどかかるNHKの受信料。テレビを設置していると見ていなくても受信料を払わないといけないので悩みの種ですが、もし単身赴任やひとり暮らしなどで同一生計の家族がいる場合、受信料が半額になる家族割引を受けられるかもしれません。

スポンサーリンク

NHKの家族割引

Bansi PatelによるPixabayからの画像

NHKには「家族割引」という割引制度があります。NHKの受信契約は通常各世帯ごとに契約をしていますが、単身赴任や大学生のひとり暮らしなど同一生計の家族がいる場合、NHKの受信料が半額になる「家族割引」が適用されます。

また、同一の放送受信契約者が別宅や別荘などでNHK受信料を支払っている場合も同様に「家族割引」の対象になります。

同一生計

ここで出てくる「同一生計」とは、一緒に暮らしていなくても、地方に住む両親から仕送りを貰って生活をしている場合や単身赴任など、早い話、生活費が同じ財布から出ていたら適用されるようです。

ですので、大学生のひとり暮らしでも仕送りなしで、独立して生活をしている場合は「同一生計」から外れてしまうかもしれません。

申込方法

家族割引の申込方法は、インターネット、電話、郵便などで受け付けています。家族割引申込書に必要事項を記入し、確認書類と共にNHKに提出する流れになります。

NHK受信料の窓口

もし家族割引が受けられそうなら、すぐに手続きをして受信料を割り引きしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました