コーヒーにまつわる豆知識

未分類
Jessica KwokによるPixabayからの画像

今回はコーヒーにまつわる豆知識を少しだけ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーを発見した少年

言い伝えによれば、コーヒーを発見したのは古代アビシニア(現エチオピア)の山羊使いの少年カルディ君だと言われています。

ある日、放し飼いにしていた山羊が興奮して走り回っているのを見たカルディ君。
山羊が興奮している原因は、山羊たちが食べていた真っ赤な実にあることを突き止めます。

カルディ君もおそるおそる赤い実を食べてみると、カルディ君も元気が出てきたということです。後に、コーヒーはアラビア半島にわたり、ヨーロッパへとコーヒー文化が伝わっていきました。

缶コーヒーは日本で生まれた

現在では定番の缶コーヒーですが、缶コーヒーを定番にしたのはUCC創業者の上島忠雄氏です。

当時、瓶入りで発売されていたコーヒーは、飲み終わったあと瓶を返却せねばなりませんでした。瓶の返却を不便だと感じた上島氏が1969年に缶コーヒーを発売し、翌年の大阪万博で缶コーヒーが話題となり定番化していきました。

日本人はアイスコーヒーが好き

日本でのアイスコーヒーの始まりは、明治時代にコーヒーを井戸の水で冷やして飲み始めたのが始まりと言われています。

日本ではアイスコーヒーは定番の飲み方ですが、海外では2000年頃までコーヒーを冷やして飲むという飲み方は一般的ではありませんでした。

近年ではマクドナルドやスターバックスが海外でもアイスコーヒーの提供を始めており、年々アイスコーヒーの認知度が高まってきています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました